ストローの重要性について考える中坊進二


スタバの新作ありますよね。
あのパイが乗っかっているやつ。
中坊進二はまだ飲んでいませんが、
「刺さらない」「割れない」と、
なかなか好評のようです(たぶん好評です)。
初めての方は大変かもしれませんが、
コツを掴めば簡単に刺さるようになりますよ。
でも、中坊進二としては、
銀製のスプーンか何かが欲しいところです。
プラスチックでは、ストローと強度があまり変わらないので、
牢獄から脱出できるような
頑丈なスプーンが欲しいと中坊進二は考えています。

cherrypie

ストローの大きさは飲み物の種類によって変化します。
その飲料に含まれている中身で変わることが多いのではないでしょうか?
具体的には、大きな果実が含まれているものは、
そこそこ太いストローが使われます。
あんまり細いストローだと、
吸っている最中に中身が詰まってしまいますので。
スタバの新作はかなり太いですが、果実というかパイというか、
そうした中身がかなり大きいので、
よくストローが詰まってしまうと評判です。
そうしたものは普通にスプーンを使って、
スープのようにして食べるのが良いと中坊進二は考えます。

spoon

ストローで吸えるものですが、
ある程度の流動性は必要だと中坊進二は思っています。
コールタールのように粘性が強いと、よほど肺活量がないと吸えません。
あんまりそうした飲料はありませんが、
果実100%のフレッシュジュースだと、吸うのが大変かもしれませんね。
むしろ、そこまでドロドロだと
普通にコップに口を付けて食べる(飲むですらない)のが良さそうです。
あと、一昔前に蒟蒻ジュースというのが流行ったと思います。
今も売っているかもしれませんが、中坊進二はそれを良く飲んでいました。
しかし、寒天がふんだんに使われているのか、
本気で吸わないと中身が出てこないのです。
正直、ハサミで開封して、
ところてんのようにペロンと出したくなった程です。

jerry

シェイク系の飲料でしたら、
ストローの先がスプーンみたいになっていますよね。
ほとんどアイスクリームみたいなものなので、ソレで掬って食べます。
ちなみに中坊進二は、
マックシェイクをテイクアウトして家の冷凍庫に凍らせて
普通にアイスクリームとして食べるのが好きです。
サイズ的に、スーパーカップよりお得な感じがします。
ストローにも色々なものがありますので、
飲料によって使い分けるようにしましょう。
基本的には店員が勝手に選びますが、
時々間違うこともありますので、きちんと見張るのが良いですよ。
中坊進二、店を出る前に必ず、
箸やストローが入っているか確認していますので。

jerry


過去の記事

サンプルバナー