オリーブオイルの使い過ぎについて考える中坊進二


BPO(放送倫理・番組向上機構)はその性質から、
苦情を言うための機関のように捉えられがちですが、
それはひとつの側面だと中坊進二は説きます。
例えば、「○○をして欲しい」というのも
BPOは広く受け付けています。
そうした意見をまとめて該当の放送局に
「こうした意見が多く集まっていますが、いかがでしょうか」
と提案するのが、BPOの役割のひとつになります。

tv

直接名指しはしていませんが、
「オリーブオイルを使い過ぎ」と苦言を告げられた番組があります。
言わずもがな、モコズキッチンです。
少なくともモコミチくらいしか、
オリーブオイルを多用する料理番組はないと中坊進二は思っています。
どれくらい使っているかは分かりませんが、
かつて見た番組では一瓶まるまる使っていました。
オリーブオイルで揚げ物をするあたり、非常にリッチです。
あれ、確か一本5,250円くらいしましたよね?
(まだ消費税が5%の時代でした)

oliveoil

BPOの報告によると、「視聴者の健康や家計に配慮すべき」
という意見があるとのこと。
言い換えるならば、「もっと安くて健康の良い料理」
望んでいる声が集まっているそうです。
ただし、それもまたひとつの意見になりますので、
モコズキッチンが従う理由はないと言えます。
そもそも、その料理を真似するかどうかは
個人の自由だと中坊進二は思っています。
オリーブオイルを入手できないから、
中坊進二はごま油で代用しています。
あんまり美味しくなかったです。

sesami

料理番組のコンセプトはいくつかあると思いますが、
モコズキッチンは「料理は簡単」
「でも、食材を揃えるのが至難」だと中坊進二は思っています。
オリーブオイル以外にも毎回、
どこで調達すればいいか分からない食材を
ふんだんに使っているのがモコズキッチンです。
簡単に入手できる食材を使った料理番組は正直見飽きていますので、
モコミチにはこれからもたくさんオリーブオイルを使ってもらいたいところです。
でも、一回の調理に一瓶はさすがにやりすぎかと。



過去の記事

サンプルバナー