ボタニカルカクテルに興味津々な中坊進二


第三のシャンプーとして人気を集めているボタニカルシャンプー。
ノンシリコンシャンプーやオーガニックシャンプーに
満足できない方をトリコにしていると、巷で評判になっています。
ボタニカルは「植物の」を意味し、
前述2つのシャンプーと重複する部分が多々あります。
要は、ノンシリコンでオーガニックで
ボタニカルなシャンプーと思ってみてください。
「○○を使っているからオーガニック」という定義もありませんので、
どの効果があるかは商品ごとに異なります。
しっかりと中身を確認してからご購入をオススメします。
ちなみに、中坊進二は花王のメリットを使っています。

botanical

ボタニカルカクテルというのも流行っています。
名前の通り、植物由来の成分を多く使ったカクテルになります。
そもそもドリンクに石油由来の物質は一切使われていませんが、
植物を感じさせる様々な素材が使われていると、人気を集めているようです。
具体的には「柚子」「山椒」「生姜」
「オリーブ」「ワサビ」「シソ」「抹茶」「ヒノキ」です。
ヒノキをカクテルにブレンドするのは中々レアだと中坊進二は思っています。
ヒノキのビターミストはかなり気になります。

cypress

他にも、レモンジュースとシャンパンをベースに
わたあめ(!)を載せて抹茶パウダーをふりかけたカクテルや、
ベリーにクラッシュした山椒を載せたものなど、色々あります。
このように一般的なバーではあまり使わない、
様々な植物を使ったカクテルを楽しめると評判になっています。
中坊進二はあまりアルコール全般を嗜みませんが、
こういうのならちょっと飲んでみたいと思っています。

ボタニカルは色々なところで流行っています。
そのうち、ボタニカルハウスや、ボタニカルエステ、
ボタニカルスチームフィッシュ料理など、
変わったものが登場すると中坊進二は考えています。
ネーミングというのは、とても大事なのです。



過去の記事

サンプルバナー