中坊進二が夜の清水寺を紹介します


皆さんは夜の清水寺に行ったことはありますでしょうか。
年に四回ほどチャンスがあり、
冬を除いてそれぞれ数日開催していますので、
利用できる機会はかなり多いと思います。
夏は短いですが、秋は約1ヶ月開催しており、
紅葉のライトアップも併せてかなり見応えがあって良いですよ。
中坊進二も一度だけ行ったことがありますが、実に良かったです。

kiyomizu_night

この夜間特別拝観の日程は決まっていません。
毎年、微妙に開催期間が異なるみたいです。
2017年の情報はまだ掲載されていませんので、
来年の予定を立てるならもう少し待つ必要があると言えそうです。
夜の部の開門時間は季節ごとに異なり、
春は18時、夏は19時、秋は17時半です。
そして、受付終了時間は3つとも21時になります。

実は清水寺は冬にも夜間の拝観に対応しています。
しかし不思議なことに、
公式サイトで大々的に記載されていませんので、
中坊進二のような地元民を除く
ほとんどの方が気付いていないかもしれません。
簡単に言えば、大晦日の夜中の参拝が可能です。
12月31日に限り、22時から開門して
翌日の18時まで開きっぱなしになります。
中坊進二、冬は寒くてコタツから出たくありませんが、
夜の清水寺も良いものですよ。
人が多すぎて歩けないのが難点ですが是非、一度お越しください。
むしろ、人を集めたくないから公式サイトで宣伝していないのかも・・・。

現在の清水寺の拝観料は
子供(中学生まで)200円、大人(高校生以上)400円です。
2015年までは高校生300円でしたが、
2016年から大人料金として扱われるようになりました。
なお、夜間拝観も昼間と同じ料金です。
京都の寺社の中では安い部類に入りますので、
昼間の清水寺に行き慣れた方は是非、
中坊進二がおすすめする夜の部に行ってみてください。

今年は暖冬ですが、正月の京都は割と雪が降りやすい気がします。
清水の舞台も、雪化粧に染まるかもしれませんよ。
朱色の仁王門が白い雪に被る姿は、
普段とは違った雰囲気を味わえると評判です。
中坊進二もまた行ってみたいと思います。

kiyomizu_snow


過去の記事

サンプルバナー