路地について紹介する中坊進二


場所によっては、京都はとても入り組んでいます。
たくさんの車が通る大通りから、自転車が進みやすい小路などがあります。
しかし京都には、さらに細い道として路地(ろーじ)があることはご存知でしょうか。
「ろじ」ではなく、「ろーじ」と呼ぶのが京都風になります。
今回中坊進二は、この路地について紹介したいと思います。

そもそも、路地は家と家の隙間にある細い道のことです。
ある意味、自宅の庭のようなものです。
場所によっては私道かもしれません。
路地がいつ誕生したかは中坊進二は知りませんが、
昔の京都の住まいは碁盤の様に網目状になっていました。
通りが規則正しく並行して走り、
その通り沿いに住宅や店舗が建てられていきました。

しかし、そうやって通り沿いに住宅を建てていくと、
中央あたりが空白になってしまいます。
ある意味、共通して使える中庭みたいなものですが、
それでは中に入るには一々家屋の中に入らないといけません。
そこで、中庭にスムーズに行くための路地が誕生したと言われています。

今は昔に比べて規則正しく住宅や店舗が並んでいませんが、
京都市内にて路地を至ることで発見することが出来ます。
中坊進二の住まいの近くににも、いくつかの路地があり、
色々なことに活用されています。
人の通りが少ないからこそ、ひっそりとした雰囲気を味わえるとして、
茶店を設けているところもあるそうです。

また、最近だとこの路地を使用した取り組みを行われています。
路地の写真展などもあるそうです。
中坊進二、少し気になるので行ってみたいと思います。



過去の記事

サンプルバナー