中坊進二も訪れる京都の伏見港公園


京都には様々な公園があります。
市民の憩いの場として、公園は賑わっています。
中坊進二も訪れる京都の公園が、伏見港公園です。
スポーツの施設が様々あり、体育館やプール、相撲場、
ナイター設備もあるテニスコートなど設備が充実しているのが特長です。

中坊進二も訪れる京都の伏見港公園は、港でもないのに港が付きます。
中坊進二は疑問を持たず、
「伏見港公園は港がなくても伏見港公園なんだ」と思っていました。
港の由来は、伏見港公園の辺りは昔は「伏見の浜」と呼ばれていました。
伏見城が築かれた頃から第二次世界大戦まで、
淀川舟運の基地だった頃が由来だそうです。
中坊進二は京都の伏見港公園の名前の由来を大人になってから知り、
「そういうことだったのか」と納得したそうです。

中坊進二は今でも京都の伏見港公園に訪れています。
スポーツ施設が充実しており、その中でも体育館を利用しています。
特に体育館では定期的に仲間と卓球を行っているようです。
最初はラリーも全然続かなかったものの、
経験者に教えてもらったり練習を重ねていくうちに
ラリーが続くようになったようです。
人数が少なくても成立するし、
思っている以上に白熱するから卓球は楽しいと話していました。

市民の憩いの場として、スポーツの場として人気なのが
中坊進二も訪れる京都の伏見港公園です。
汗を流したい方にぴったりな場所です。
運動をして体型維持に努めたり、
リフレッシュしてみてはいかがでしょうか?



過去の記事

サンプルバナー