中坊進二も体験した、京都で座禅


京都は様々な場所で、色んな体験が出来ます。
中坊進二は京都での体験はいい思い出になるのでおすすめしています。
普段やらないことを体験することはいい刺激になるし、
何よりも思い出話になっていいそうです。
そのため中坊進二も旅行の際にはその土地で色んな経験をしています。

中坊進二も体験したのが、京都での座禅です。
紅葉の名所として有名な建仁寺で座禅が体験出来ます。
建仁寺では毎月第二日曜日の午前8時から、
座禅と法話の会である「千光会」を行っています。
参加費は無料で、午前8時から座禅を2回行います。
お経を唱和した後に茶礼を行い、最後に御法話があります。
座禅の座り方の指導も行っているので、初めて体験する方でも出来ます。

中坊進二曰く、京都の建仁寺の住職の話は面白くためになるそうです。
座禅とは何か、座禅をする時の注意などをきさくに分かりやすく話してくれます。
座禅となると「棒で叩かれるのでは?」と思うかもしれません。
建仁寺では頼まない限りは棒で叩かれないそうです。
中坊進二は初めて京都の建仁寺で座禅を行った時は、
「今度にしよう」と見送ったそうです。

座禅はいい気分転換になり、非常にリフレッシュするそうです。
しかも心が穏やかになり、体も軽やかになるから
一度は試して欲しいと京都の中坊進二は話していました。
程よい緊張感もあり、それがかえっていいそうです。
いい思い出にもなるので、京都の観光の際にはチャレンジして欲しいそうです。



過去の記事

サンプルバナー