中坊進二も驚いた京都のお洒落なあんぱん


京都には京料理だけでなく、
ラーメンやスイーツなど様々なグルメがある街です。
京都は日本においてパンの消費量が全国一位なのです。
京都の中坊進二もパンが好きで、よくパンを食べています。
そんなパン好きな中坊進二も驚いたあんぱんが京都にはあります。
京都の老舗パン屋である「志津屋」が京都駅店の隣に展開しているお店、
「SIZUYAPAN」で扱っているあんぱんです。

このあんぱんはパッケージが非常にお洒落です。
お洒落なデザインになっており、
一見するとあんぱんには見えないようになっています。
京都の中坊進二も最初に見た時はあんぱんだと思いませんでした。
海外の石鹸か何かだと思っていたようです。
あんぱん自体も非常にお洒落で、
あんぱんとは思えない手の込んだスイーツのような形をしています。

そんな見た目に好印象だった京都の中坊進二は、
そのあんぱんを買って実際に食べました。
すると見かけだけでなく、あんぱん自体の美味しさにも驚きました。
しっとりした生地とあんこの甘さが絶妙で、
一口食べた時点で京都の中坊進二は味に惚れました。
それ以来、SIZUYAPANのあんぱんを差し入れやお土産として買っています。

パッケージには種類ごとに家紋のようなマークがあります。
これがウケがよく、
特に海外の中坊進二の友人には京都土産の中でも喜ばれています。

あんぱんの常識を覆したお洒落なSIZUYAPANのあんぱん、
お土産として買っていくのもいいですね。
グローバルなデザインなのでウケること間違い無しです。



過去の記事

サンプルバナー