中坊進二さんが教える最近の缶詰事情


最近は色々な缶詰が発売しています。
少し前までは缶詰というものは非常食という扱いが強かったですが、
最近のものは日常の食卓でも提供できるような
バリエーション豊富に溢れています。
京都に詳しい中坊進二さんから教えて貰いましたが、
最近は本当に色々な食材があるみたいです。

中坊進二さんに言われるまで気が付きませんでしたが、
スーパーマーケットには缶詰専用のコーナーがあります。
また、最近の缶詰は缶切りが無くても
開けられるタイプが主流になっています。
どうやら、ジュースのようにプルタブが付いている缶詰は
“最近”のものではないようです。
一応、缶切りが必須な缶詰も置いてあります。
モモ缶がそれに当たります。
サンマやサバ、ツナ、スイートコーンは
プルタブ入りしか置いていませんでした。

私としては、缶詰は保存食というイメージしかないので、
消費期限が長いものしかないと思っていました。
ただし、スーパーでは色々な種類の缶詰があり、
グリーンピースや大豆などの野菜や穀物が
缶詰として販売されていました。
あと、私が気づいていなかっただけかもしれませんが、
トマトの水煮も缶詰でした。
これらは昔からあった可能性が高いが、
最近の缶詰は実にユニークなものがあることをつくづく教えられました。
中坊進二さんから教えて貰い、目を疑ったのがパンの缶詰です。
ふっくらモチモチのパンを缶詰にして販売しています、
これは缶詰にする意味があるのか全く理解できませんでした。
自販機で売ることを目的にしたからかもしれませんが、
最近はこうした缶詰タイプの食品が溢れているようです。

念のため、中坊進二さんに京都ならではの
「八ッ橋の缶詰」とかあったりしまうかと聞いてみたところ、
「そんなもの見たことも聞いたこともない」と一蹴されました。
八ッ橋は箱に入ったものに限るとも言っていたので、
仮に出たとしても中坊進二さんは恐らく買わないと思います。

缶詰には例外なくプルタブが付いています。
近い内に缶切りの用途は、ビール瓶を開けるぐらいになるかもしれません。



過去の記事

サンプルバナー