中坊進二さんが語る古の京都を守護した陰陽師を祀る神社


神社仏閣の都(みやこ)とも呼べる京都の街には、
実に2000以上もの寺や神社が存在しています。
修学旅行で一度しか訪れなかったとしても、
清水寺や金閣寺のように誰でも知るような施設があれば、
地元の者でも聞いたことがないものまで実に多くの寺や神社があります。
その中でも、中坊進二さんが選ぶ『京都観光名所ベスト100』には、
とても興味を惹く施設の数々がありました。

中坊進二さんのベスト100だけはあり、選ぶのにも悩みましたが、
特に私が気になったのは『晴明神社』という観光名所です。
晴明神社はその名の通り、安倍晴明を祀る神社で、二条城の北側に位置しています。
ちなみに、京都駅よりタクシーで12分の場所だそうです。
そして、この場所は安倍晴明が生前住んでいた
屋敷跡に建てられた非常に歴史ある場所でもあるそうです。

ただし、京都は歴史上、何度も大火に見舞われた土地でもあり、
この晴明神社も例外なく焼き討ちの目に遭ったそうです。
しかし、地元の氏子を中心に何度でも再建し、
近年も千年祭を記念して修造と新築を行ったそうです。

中坊進二さんによりますと、晴明神社は歴史ゆかりある見所が多く、
渡辺綱が鬼女の腕を切り落とした橋や式神を封印した像、
晴明が念力で湧出させた井戸などがあるそうです。
安倍晴明は恐らく日本で最も有名な陰陽師なことから、
映画や漫画でも度々登場する人気スターでもあります。
そんな有名人を祀る神社には、機会があれば是非一度行ってみたいところです。

中坊進二さんの残りの99の名所は機会があれば紹介したいと思います。



過去の記事

サンプルバナー